AirMac ExtremeのUSB外付けHDDが認識され無い!復旧ソフトで修復!


皆様、ご機嫌よう。

 

大変久々の更新になってしまいますことを

心よりお詫び申し上げます。

スポンサードリンク


というのも

去る昨年の10月。

 

私は晴れて

iPhone4S 64GBからiPhone6s Plus 128GBへ

無事機種変更致しました。

 

64GBから128GBへのアップデート!

もうウキウキ!

 

MacのiTunesに入れてある

すべての音楽を詰め込んでも

容量が余りある喜び。

 

そして画面の広大なiPhone6s Plus。

 

よく観る動画ファイルまでも

詰め込んでやろうと

勇み画策しておりました。

 

AirMac ExtremeのUSB外付けハードディスクのiTunesライブラリ

私はiTunesのライブラリを

AirMac ExtremeにUSBで外付けした

3TBのハードディスクに保存しておりました。

 

使うたびにUSBの抜き差しをしなくても

Wi-Fiでも 有線LANでも

ネットワークに繋がっていれば

家中どのMacからでも

外付けHDD的にマウントされる手軽さ!

 

いわゆるNAS的な使い方。

 

さらに、「どこでもMyMac」という機能を使えば

インターネットにさえ繋げば

外出先からでも、3TB外付けディスク的に

即刻マウント!

 

出先でも、家のiTunesライブラにアクセスできる強み。

 

内蔵容量の限られるMacBook Proでも

3テラバイトの広大な情報空間を持ち運べる

MacBook Pro無双状態!

 

欠点は、USBでMacに直付けするよりも

データの読み書き速度が遅いことくらいの

そんなゴキゲンなAirMac Diskに

突如異変が!!

 

ハードディスククラッシュ!!

有り余るiPhone 6s Plusの容量を有効活用しようと

iTunesライブラリに大容量の動画ファイルを

一気に大量投入したところ

突然転送が止まり、ハードディスクが無反応に!

 

我が積年のiTunesライブラリが

一瞬にして時空の彼方に消え去りました。

 

十数年間あたため続けてきたiTunesライブラリ。

 

こんなにもあっけなく

消されてたまるかという執念で

ハードディスク復旧ソフトを貪りました。

 

そこでたどり着いたのが

EaseUS Data Recovery Wizard For Mac

 

AirMac ExtreamにUSB接続していたのは

質実剛健で有名なWestern Digital社の

WD Elements Desktop」 3TBモデル

 

MacBook Proに直接USB接続して

EaseUS Data Recovery Wizard For Macを起動。

 

しかしながら何日スキャンしても

全くもって認識されない!

 

これはピンチ!!

 

そこで、サンワサプライの

IDE/SATA-USB変換ケーブル

持っていたのを思い出し

外付けHDDを分解して中身を取り出し

裸でUSB接続してみることに。

ハードディスク復旧

裸のハードディスクをUSB接続



するとEaseUS Data Recovery Wizard で認識!!

 

3TBという大容量のためスキャンに数日

データ復元に一週間くらいかかりましたが

何とか消えたファイルを取り戻すことができました。

 

神のような復旧ソフトです。

 

 

復旧業者に頼んだ場合

数百万円の代金になると聞いたこともあります。

 

数テラバイトに及ぶ大容量の場合は

さすがに復旧に時間がかかりますが

先ずはEaseUS Data Recovery Wizard

試してみることをお勧めします!






コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ