電波時計が電波を受信しない時、スマホを使った合わせ方の裏技


秒単位でさまざまな事に追われる現代社会。

 

いくらスローライフ最高と言えど

なかなかそんな悠長なことを

言っていられないこのご時世。

 

スポンサードリンク


 

時計が1分でも狂っていれば

人生まで狂ってしまったかのごとく

突きつけられる現実。

 

特に朝の1分の貴重さと言ったら

スーパーのタイムセールに

1分遅れるのとは訳が違います。

 

1分の二度寝の気持ちよさが、どれ程の破壊力か

そしてこの一日にどれ程の影響力をもたらすか

多くの方に異論はないと思います。

 

寸分の狂いもなく時を刻んでくれる電波時計

 

昔は少々時計が狂っていても

全くもって気にしておりませんでした。

 

しかし、これだけ電波時計が普及すると

家中全ての時計が

秒針さえもシンクロしている様子が

逆に快感にさえなってきます。

 

そして電池交換の時以外に

時計を合わせる手間もなく

本当に便利でありがたいですね。

 

電波時計の合わせ方のしくみ

 

電波時計といえば

福島と北九州からほぼ毎日24時間発せられている

標準時間の電波を一日に数回、自動で受信して

勝手に時計を合わせてくれるものです。

 

この標準時間の電波は

基本、日本全国をカバーしているのですが

携帯電話の電波が場所によって

入らないところがあるように

時計の電波を受信しづらい環境もあります。

 

鉄筋コンクリートの建物や、

工場・工事現場が近い場所

電化製品のそばでは受信しにくいようです。

 

また、電波も音も振動なので

人々がにぎやかな昼間よりも

騒音の少ない夜のほうが

受信しやすいようです。

 

私の家も、木造家屋ながら

近所に工場があるので

騒音のやかましい昼間は

なかなか電波を受信できませんが

草木も寝静まった夜中に

ここぞとばかり電波を自動で受信して

時間を合わせているようです。

 

 

電波時計が電波を受信できない時は

 

そんな、いつでも時間ぴったりの電波時計ですが

電波を受信できなければ

只のクォーツ時計。

 

せっかく買って来たのに

電波を受信できずに

12時のところで止まったままの時ほど

悲しいものはありませんよね。

 

そんな時、スマホで強制的

電波を受信させる裏技があります。

 

それでは、

風水で最強とされる木枠八角形

夜中も静かな連続秒針

そしてリーズナブルなお値段。

 

私の要求する条件をすべて満たした

日本國の國是、八紘為宇な

素晴らしい八角電波時計を買ったので

実際に試してみます。

 

用意するものは

1.スマホ

2.イヤホン

 

以上!

 

スマホを使っての電波時計の合わせ方

 

まずはスマホでアプリの準備から。

 

iPhone→App Storeで

JJY Simulatorをダウンロード

 

Android→JGoogle Playで

JJYエミュをダウンロード

 

アプリをダウンロードしたら

時間を合わせたい

電波時計に電池を入れます。

 

電池を入れると

全ての針が勝手に動き出し

0時0分0秒のところで止まり

電波受信モードになります。

 

そしてスマホにイヤホンを差して

下の画像のように

電波受信モードの電波時計の上に

イヤホンを渦巻き状に置きます。

 

電波時計

イヤホンを渦巻き状に置く



 

イヤホンはカナル型でも

iPhone純正のリモコン付きでも

ステレオタイプなら何でも可。

 

そしてスマホのイヤホン音量をMAXにして

アプリを起動し、音声出力をオン。

 

そうすれば、ものの数分で受信完了!

 

ただしこの場合、電波時計は

スマホの内蔵時計に時間が合わせられるので

そのあたりは注意が必要です。

 

しかし、たいていはスマートフォン自体が

インターネット時間に自動同期する

設定になっていると思うので

おそらく標準時間に合っていると思います。

 

あとは、見通しのよい窓際など

静かな真夜中に自動受信しやすそうな場所

電波時計を設置するだけです。

 

この方法は

JJY Emulatorから

MacやPCからもできるので

スマホじゃない方も

試してみてくださいね!






コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ